危険なフィラリア症

cute cat

さて、いくら犬を飼っているとはいえ、専門家ではないので犬の病気すべてを知っているわけではないでしょう。
フィラリア症を今まで知らなかったという人もいるはずです。
そのこと自体は仕方がないことですので、これを機にしっかり覚えておきましょう。

フィラリア症は寄生虫であるフィラリアが犬の体内に寄生することで起こる病気です。
フィラリアの幼虫は蚊の体内に潜んでおり、その蚊が犬から血を吸おうとしたときに犬の体内に移動するのです。
主な寄生場所は心臓部や肺動脈などの血管内で、寄生しながら徐々に成虫へと成長していくのです。
成虫にまで成長してしまうと、30cmにもなる糸状の姿になり、犬の血管を詰まらせてしまうのです。
これによって重度な症状を発症してしまうほか、最悪の場合は命を落としてしまうのです。
犬に近寄る害虫としてノミやダニは有名ですが、このような害虫もいるのだということを知っておきましょう。

また、犬の病気としてフィラリアを紹介していますが、猫でもフィラリア症にはなります。
こちらも同様で、猫の体内にフィラリアが寄生してしまったことによって重度な症状にまで発展してしまうのです。
犬を飼っている人だけではなく、猫を飼っている人も決して安心することはできないのです。

とはいえ、ペットに近寄る蚊を1匹1匹処理することもできませんし、外からはフィラリアが体内に寄生していることもわかりません。
そこで活躍してくれるのが、キウォフハートをはじめとするフィラリア予防薬なのです。